ベルトの選び方 - ブランド通販 モンタナ

ベルトの選び方

カジュアルシーンのベルト

スーツ姿でベルトをしないのはかなりみっともないものです。
もちろんベルトをしない仕様のパンツやサスペンダーをしてパンツを吊るすパターンもありますが、普通はベルトでウェストを固定する形態が多いはずです。
それに比べ、カジュアルシーンでは「ベルトをしない」ことも当たり前の時もありました。

シャツの裾をパンツの外に出すのが流行り始めた頃から、カジュアルシーンでベルトをしない男性が増えていましたが、最近はローライズ系ジーンズの人気もあって「見せる」意味でのベルト装着(アクセサリー感覚)が見直されています。

幅広のベルトにインパクトのあるバックル、スタッズよりもメッシュタイプなど、種類多くあります。その為、組み合わせのミスマッチを起こすと違和感があるし、うまく組み合わせるといいスパイスになったりします。

ベルトの選び方

いざベルトをしようと思った時にどんなベルトをすれば良いのか迷います。
ベルトは主に「革製品」なので、考え方は「靴」に似ています。一般的には「身に着ける革製品は同系色、同テイスト」とするのがセオリー。

例えばワークブーツに細いドレッシーなベルトは似合わないとか、黒いブーツに茶色のベルトは合わない等があります。基本的なベルトのパターンを述べると、かなり強引ですが、このような4種類になり ます。

ここで選択のポイントは「カジュアル系かドレッシー系か」と「色」です。決め手は共に「自分の他のアイテムとの組み合わせ」になります。

例えば、靴の色と合わせるとシルエットか綺麗になります。その上で「やや尖りめ」「やや大人しめ」などのテイストの好みでディティールを選ぶと良いと思います。

もし、いまカジュアルシーン向きにベルトを1本も持っていないのであれば、とりあえず上の ① のようなシンプルな少し太めのベルトが良いと思います。大人しすぎてつまらないですが、最も守備範囲が広いのも事実です。その上でもうちょっと「ヒネリ」のあるものを少しずつ加えてゆけば良いでしょう。

また、ベルトのサイズですがローライズ・パンツの場合、股上が浅くなるのでそれだけベルトラインが長くなり、腰骨あたりでとめるようになります。

なので、スーツなどのサイズよりも10cmはど長めにした方が良いと思います。最初は少し違和感がありますが、すぐに慣れます。

ベルトは「どんなパンツに合わせるか」を考えてサイズを選びましょう。ベルトのタイプによっては、「自分で長さを調整できるタイプ」、「調整できないタイプ」があります。調整ができないタイプの方が比較的「高級な作り」の物が多いです。

ショップインフォメーション

お支払方法について

  • クレジットカード
  • 代金引換(現金決済)
  • 銀行振込・郵便振替(先払い)
  • ショッピングローン(オリコ Webクレジット)

決済に掛かる手数料につきましてはお客様のご負担となります。 お支払方法について詳しくはこちら

配送について

  • 佐川急便(離島など一部地域ではゆうパック)
  • 佐川急便の対応地域では「営業所止め」も可能です。
  • 営業所止めをご希望の場合はご注文時備考欄に必ず営業所名をご入力下さい。
  • 配送日、日時指定が可能です。(一部地域を除く)

配送について詳しくはこちら

送料について

ご購入金額、お支払方法により異なります。 送料について詳しくはこちら

返品・交換について

商品には常に万全をきしておりますが万一商品に不備があった等の場合お受け致しております。
また、お客様ご都合による返品は未使用品のみ到着後3営業日以内にご連絡頂きかつ送料ご負担にてお受け致しております。
なお各商品ページに「返品不可」と記載の商品ではお断りさせて頂いております。
返品・交換について詳しくはこちら

カレンダー



■は当店の定休日です